• プリザーブドフラワーを長持ちさせる方法

    誕生日や記念日のプレゼントなどに贈られることが増えてきたプリザーブドフラワーは、薬品によって枯れない加工が施されているため、永久に美しい姿を保つと思われがちです。

    しかし実際は、湿気や日光などによって色あせ、ひび割れが起こるため、年月に伴って劣化してしまうのです。

    4yuuu!情報探しの最新サイトをご用意いたしました。

    実際にプリザーブドフラワーを長持ちさせるための方法ですが、上記の通り湿気や直射日光はプリザーブドフラワーにとって大敵なため、必ず避けることが必要不可欠です。他にも強風にさらされる場所に置いておくことも、花の劣化を進行させてしまいます。

    室内で日の当たりにくく、湿気の少ない場所で保管するようにしましょう。



    湿気を防がないといけないため、生花と違って水やりは厳禁です。
    また、花びらには極力触れないようにすることも大切です。
    プリザーブドフラワーには着色が施されており、長時間布などが触れてしまうと、色移りが起こってしまう可能性があります。

    誕生日にプリザーブドフラワーに関しての情報を紹介しているサイトです。

    飾っていて埃などがついてしまった場合も、手で直接取ろうとするのではなく、ドライヤーなどの弱冷風を当てて埃を飛ばすのが良いです。


    ケースやラッピングに入れたまま飾ると、埃が積もるのを防ぐことができる上、湿気などから守れるため、長持ちにつながります。
    適切な環境で保管した場合、そうでなかった場合と比較して格段に保存期間が長くなります。良い環境に飾ることで、美しい状態のプリザーブドフラワーをできるだけ長持ちさせましょう。


  • 基礎知識

    • プリザーブドフラワーとは、生花を加工・保存するための技術で、その花の部分などを特殊な液に浸して水分を抜いたものです。以前から趣味で行う類似した製法は存在しましたが、1991年にフランスでその製法特許が発表され、フローラルデザイナーが使用することで広まりました。...

  • 大人の常識

    • お祝いの席の贈り物として花束というチョイスは極めて定番ともいうべきもの。その場を美しく可憐に彩る意味では大変喜ばれるものですが、しかし一方であまりにオーソドックスで面白みに欠けるという人も少なくありませんし、せっかく貰っても満員電車に乗って帰宅する際などに苦労を伴うケースも少なくありません。...

  • 贈り物が気になる方

    • 誕生日や記念日などの特別な日に贈るプレゼントの中で、花は最もポピュラーで王道な贈り物であるといえます。花を美しく保つには定期的な水やりが必要ですが、どんなに大切に扱っても、いずれは枯れてゴミになってしまいます。...

  • ミニ知識

    • プリザーブドフラワーを自分でアレンジメントして飾り付けるには、まずその素材をインターネット通販から手に入れるようにします。近所の花屋さんに行ってもまず手に入りません。...